ハーブティーのリラックス効果

ハーブティーのリラックス効果について

ヨーロッパでは日常的にハーブティを飲みます。ドイツやフランスでは体調が悪いとき、整えたい時など

穏やかなアロマセラピー効果も得ることができ、リラックス効果も高く、ハーブの活用は多岐に渡っています。

 

最近の日本でもカフェやレストランでもブレンドハーブティがメニューに加わっていることも増えました。

自分の体調に合ったハーブを知り、楽しみのひとつとして、日常の一息タイムに活用することも心身の健康に繋がります。

 

 

リラックスハーブの種類

 

リンデン

身を暖め血圧を安定

緊張感や心にわだかまりがある時に効果的

 

マロウブルー

お湯をそそぐとキレイな青色が美しい

粘膜の潤いを守り消化器系の炎症に有効的

 

オレンジブロッサム

穏やかな気持ちと希望をもたらす

緊張感や不安を取り除きリラックス

 

 

 

ハーブティーのリラックス効果まとめ

日本でも古くから、緑茶やほうじ茶、そば茶、玄米茶など、お茶を飲む習慣は根付いていると思います。日本のお茶と和菓子で一呼吸もホッとすると思いますが、

ハーブのアロマセラピー効果も楽しみながらハーブの成分が不調改善や健康維持に役立ちます。

ほっと、リラックスしながらQOLの向上に繋がるのではないかと思っております。

春のプレゼント

ご新規のご予約お申し込みの方へ

心身の体調・体質お見立てし、1日の心身リズムに合わせ開発したforestのハーブティーをプレゼントいたします。

詳しくはLINEでお友達追加ください。